留学しよう!

留学してみたいあなたに、いろんな情報をお届けします!

ナポリ(イタリア)のハワイビーチ


Hawaii Themed Wedding in Naples, Italy

 

ハワイが大好きなのは日本人だけではありません。イタリア人だって大~い好きです。今年8月に、結婚式を挙げたアレシアさんとご主人のマルコさんも、ハワイ大好き人間の二人。

b

ヨーロッパから見ると、全く地球の向こう側の楽園というハワイには、一度は行ってみたいなあ。でもまだ20代の二人、消防士のマルコさんのお給料だけでは、二人の家族全員や友たち仲間の招待客を、まとめてハワイに招待なんて、もちろん無理です。子供の時から行っている教会の神父さんもシスターたちも、田舎からでてきたお祖母ちゃん達もちゃんと結婚式に連れていきたいし。

イタリア人ですから、大家族で出来ない結婚式なら、結婚式なんてしない方がまし。そこで考えたのが、地中海を望むナポリの海岸で、ハワイ風な結婚式をしようという名案。だって、南イタリアの港町ナポリの一角にも、実は「ハワイビーチ」*があるんですから。(そういえば、日本にだってスパリゾートハワイアン、旧常磐ハワイアンセンターっていうのがあったっけなあ)

 

イタリアのハワイビーチは、厳密にいうとナポリ郊外のプツォーリという港町の海岸にありました。町を歩くと、ギリシャ時代、ローマ時代の遺跡なんかがゴロゴロしている古代都市。国際的に有名なイタリア人女優、ソフィアローレンの生地でもあるそうです。そういわれてみれば、アレシアさんの豊満なスタイルは、若き日のソフィアローレンを、思い出させてくれなくもありません。マルコさんだって、若き日のマルチェロ・マステロヤンニになんとなく見えないことも。

「ナポリを見てから死ね」という諺は、もとはナポリ周辺がヨーロッパでもトップの都市だった頃の言い伝え。ドイツから旅行に来てすっかりこの地方に魅入られた巨匠ゲーテが言った言葉という説もあります。ハワイファンのメイプル族としては「ハワイを見てから。。。」と言い換えたいところですが、ナポリ出身のアレシアさんとマルコさんも、きっと「ハワイを見てから死ね」の方に賛成してくれるでしょう。

 

さて、ハワイビーチでの結婚式。うーん、白い砂浜、広がる太平洋、、、には欠けますが、地中海の濃い美しさ、沖に見えるは高級リゾートカプリ島、キラウエア火山ならぬビスビウス火山が遠方にうす青く煙る浜辺。海岸近くの結婚式場は、白いテントの下に花々をちりばめたテーブルセッティング。こういうハワイ風結婚式があったって、いいじゃないですか。

 

c

新郎新婦が生涯の誓いを交わした後は、招待客共々夕刻の浜辺に降り立ちます。ぴかぴかの革靴やおしゃれなヒールを脱いで、ハワイ風のサンダル履き。二人は裸足になりました。そろそろ夕刻の砂浜が足裏にひんやりと気持ちがいい~!新郎新婦を真ん中に浜辺で手をつなぎ、全員が踊り出します。イタリア語が飛び交い、笑い声高らかなグループの、その胸にかかるはハワイのフラワーレイ、ハワイアンの代わりに聞こえてくるのはカンツォーネです。永久の愛を誓いあう若い二人の向こうに、地中海の太陽が沈んでいきました。

*注:「ハワイビーチ」の命名はハワイ大好きのある外国人によるものです。

Photo Credit: Daniel Barker Photography

スポンサーリンク